セールスレップ協同組合・経済産業省認可・関産認協1875号
当組合について

HOME

サイトマップ

セールスレップとは

販路コーディネータとは

観光コーディネータとは

組合の活動方針

事務局の機能

メーカー企業募集

企業(商材)登録ガイド

講師派遣・その他のご相談

セールスレップ募集

組合員登録ガイド

組合員登録申請

パートナー団体募集

パートナー会員ガイド

金融機関パートナーガイド

セミナー関連(募集中)

企業向けセミナーの内容

組合員向けセミナー

商談会・セミナーのご依頼

個別企業・相談会

MM戦略会議実践研修

マネジメントマーケティング

これまでの実施活動報告

セミナー

シンポジウムの内容

2003年セミナーの模様

ニュース

プレス掲載記事

セールスレップ組合について

理事長挨拶

組合役員

プライバシー・ポリシー

お問合せ

―関連リンク―


日本商工会議所


中央会の各種支援事業

東京都中小企業団体中央会

 

MMプログラム(Management Marketing  Conference)実践研修について

マネジメントマーケティング・プログラムの実践研修について
-マネジメントマーケティング会議とは-

 「商品、販売、販促、技術」の基礎知識の上に立ち体系化した経営戦略、ビジネスプラン、研究開発、販路開拓、商品開発等の事業におけるコーディネータ、アドバイザーと上級セールスレップの実践としての場が「MM会議」である。

 『販路コーディネータ、マネジメントアドバイザー』は組合の連携する日本セールスレップ協会(以下JSRA)の上級資格であり、「市場の視点から社会に変革をもたらす実践的かつ実務的なビジネスリーダーとなるコーディネータ、アドバイザー」を輩出することを目指している。この目標を達成するため、JSRAではこの育成プログラムを既存の教育方法や考え方にとらわれることなく作り上げたものである。従来の「ケーススタデイ」や「ケースメソッド」ではなく、「実践に裏付けられたマネジメント・マーケティング戦略」を重視したものとして構築した。

 ケーススタディとは事例研究とも呼ばれ、できるだけ現在の自分が置かれている状況に近い事例を分析することで要因分析を行うものである。 一方、ケースメソッドとは事例分析にとどまらず、ケースのビジネス上の課題に対して各自が戦略を立てた後にディスカッションを行うことで意思決定に必要な思考プロセスを体得させていく学習方法である。  
 JSRAのマネジメント・マーケティング戦略は学習としてではなく、実践に裏付けられたMM戦略会議(Management Marketing strategies Conference)にまで高めた会議体である。

@ MM会議とは  「商品、販売、販促、技術」の基礎知識の上に立ち、「人材育成」を軸に体系化した経営戦略、ビジネスプラン、研究開発、販路開拓、商品開発等の事業におけるコーディネータ、アドバイザーと上級セールスレップの実践としての場が「戦略会議」である。

A実践そのものであること  
 経済産業省認可のJSRセールスレップ協同組合が中小企業経営者と「複数の人間が協力して多用な課題を同時に解決し、実行を図らねばならない戦略計画を策定してきたものが「MM会議」である。マネジメントマーケティング戦略における課題を上級セールスレップとコーディネータ、アドバイザーが会議形式で経営者にアドバイスを行う。今現在、その場で答えねばならない問題解決を行うのがMM戦略会議の本質であり、実践そのものでなければならない。   
 
BMMプログラム(MMP)実践研修においても具体的な効用を追求する  
 MMP実践研修は、これを研修の場として活用し「商品、販売、販売促進、技術」における基礎知識の上に立ち、「人材育成」を軸に体系化した実践的な「戦略会議型研修」のことである。
 MMPを行う場合は、参加者がその能力を高めるということが目的であるが、企業側においては、具体的な効用、明日から実務に活かせる内容を求めているということをきちんと認識しなければならない。特に実際の企業研修等に活用する場合は、「思考のプロセスを学ぶ」ということだけでは、経営者側にとっては不満な内容になってしまうことに留意する。  
 
 MM会議(MMC)では経営理念、経営ビジョンにおいて、マーケティングとマネジメントの双方に重点においた経営計画の策定により、顧客を獲得、これを維持継続し、その拡大のための技術と知識をもった複数の人間が協力し、コミュニケーションにより多用な課題を同時に解決し、実行を図らねばならない。  

 経営計画における手順は企業の置かれた状況により、必ずしも同様ではないが、企業環境を背景として考えれば、経営計画は、市場調査→商品計画→販売計画→生産計画→設備計画→資金計画→利益計画→組織計画→人員計画→教育計画の手順で行なわれる。    経営計画は市場調査に始まり、販売計画までのマーケティングの計画が全ての諸計画に先行して行われるということである。

MMP研修につきましての詳細は、下記にてご案内しております。 
 http://www.jrep.jp/jsrainfo/mmsc.html

©JSR